イメージ

和型墓石-施工例


和型墓石浄土真宗のお墓です。浄土真宗では竿石に南無阿弥陀佛と彫り、花立もしくは上台に家名を彫ります。副碑のタイトルは倶会一処もしくは法名碑となります。灯篭を建てないのが基本ですが、最近では浄土真宗の方でも気にせず建てられる方が多いです。



和型墓石曹洞宗のお墓です。写真のお墓は竿石に「南無釈迦牟尼佛」と刻んでいますが、曹洞宗の方は「何々家之墓」と彫られる形が多いです。山裾を削り、敷地を整地し、背面にリブブロックを積み土留めをしています。中央に代々碑、右隣に夫婦墓、左隣に副碑を据えています。


和型墓石豊岡市内の真言宗のお墓です。先祖供養塔として五輪塔を代々碑の横に建て、竿石に梵字を刻みます。間知石で囲いました。


和型墓石


和型墓石