イメージ

お墓のQ&A


お墓の形に決まりはあるのですか?
霊園により、指定の高さ、形など制限がある場合がありますので、注意が必要です。各霊園に定められている墓地使用規定をご確認ください。

形的には、一般的に大きく分けて次の3点があげられます。

1.和型墓石
江戸時代か使われている伝統的な墓石です。現在も日本の墓石の多くはこの形が使われています。昔からのお墓の形ということで、親しみもあり、形的にも 安定感がありますので、現在でも主流として選ばれております。
しかし、最近では和型の墓石でも、伝統的な外観に様々なモダンな加工が取り入れられたデザインが増えております。

2.洋型墓石
近年、洋風霊園や、ガーデニング霊園の出現により、増え始めた形です。
洋型墓石には、家名や家紋だけでなく、「心」とか「和」「静」といった自分の好きな文字を彫ったり、絵柄をレリーフされる方もいます。

3.ニューデザイン墓石
自由な発想で個性を前面に出したモニュメントのような形の墓石です。
野球が好きだった故人を偲んで、グローブとバットの形をお墓にしたものや、ピアノの鍵盤や本の形をしたお墓から様々な墓石があります。
ニューデザインの墓石が登場した背景には、人生の総仕上げとしてお墓も自分らしくありたいという思いがあるようです。