ブログ記事

ブログ記事  余部鉄橋 空の駅

先日、弊社で「記念碑・門柱・腰掛」等の仕事をさせていただきました「余部(あまるべ)鉄橋 空の駅」に行ってきました。約30年前の冬に列車落下事故があった場所ですが、現在は新しい鉄橋に付け替えられ、鉄橋の旧線路は展望台への通路として1/3程度が残されています。

この日は、青く晴れわたった日とまではいきませんが、高さ約40mの展望台から美しい日本海が眺望でき、多くの観光客が訪れていました。
美しい日本海が広がる余部鉄橋からの眺望
「余部鉄橋 空の駅」の記念碑 展望台への入口の門柱と腰掛
「余部鉄橋 空の駅」の記念碑 展望台への入口の門柱と腰掛

上記写真は、弊社で制作させていただきました碑と門柱です。そばに写っている腰掛けと・・・。

多くの観光客の方たちが、記念碑の前でパチリ、通路を(旧線路)を歩いて門柱の前でもう一度、美しい日本海をバックに記念撮影をされていました。
列車が到着する時刻になると、現在も利用されている餘部駅(無人駅)へ移動して、列車と鉄橋を入れてパチリ!
駅構内へは、出入りできますが列車に十分注意して黄線(白線だったかな?)の内側で撮影してくださいね!

2013年7月25日 15:43